兵庫県・姫路の住宅設計,店舗設計,ビル設計,マンション設計,工場設計,耐震設計,リフォームなど建築設計・監理は構造設計一級建築士のいる(株)坪田設計・坪田收へ。

株式会社 坪田設計 アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOP PAGE > 会社案内

株式会社坪田設計は、兵庫県姫路市に本社を構えています。
代表取締役・坪田收は、構造設計一級建築士で、(社)日本建築士会連合会認定の専攻建築士3部門に登録し、
日本建築構造技術者協会(JSCA)認定の建築構造士の資格を有し研鑽しています。

会社概要

【会社名】
株式会社 坪田設計

【代表者】
代表取締役 坪田 收

【所在地】
〒670−0943 兵庫県姫路市市之郷町2丁目27番地1

【連絡先】 TEL  079−222−3366
FAX  079−222−6611
Mail info@tubota.jp(※迷惑メール防止のため@の前後にスペースを入れています。 お手数ですが、お問い合わせの際は@の前後のスペースを削除して送信してください。)
URL  http://www.tubota.jp

【資格等】

1級建築士
構造設計1級建築士
建築構造士
住宅性能表示制度評価員
特殊建築物等調査資格者証
第1種消防設備点検資格者
第2種消防設備点検資格者
応急危険度判定士
登録 第146224号
登録 第317号
登録 第K8909482号
登録 第02170295号
登録 第A90019712号
登録 第14000914号
登録 第241000464号
登録 第951860号

既存RC造・S造 学校建物の耐力度測定方法
耐震診断・耐震改修技術者(鉄筋コンクリート造建築物)
耐震診断・耐震改修技術者(鉄骨造建築物)
耐震診断・耐震改修技術者(木造住宅)
既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準・耐震改修設計指針習会
耐震補強設計講習会
コンクリート工法研修 A57兵3778
兵庫県簡易耐震診断員
我が家の耐震診断員

【事務所登録】

【管理建築士】

1級建築士事務所  第01A00395号

坪田 收      1級建築士146224号

【沿革】 昭和56年04月  坪田收建築設計事務所開設
平成元年04月  本社を現住所に新築し移転する
平成02年01月  株式会社 坪田收建築設計事務所に組織変更
平成19年06月  株式会社 坪田設計に商号変更
平成30年03月  現在に至る

【所属団体】 (財)兵庫県住宅建築総合センター
(社)日本建築学会
(社)日本建築構造技術者協会
兵庫県耐震診断改修評価委員
建築士法支援委員

建築の設計・構造設計・耐震設計は、兵庫・姫路の建築設計事務所・株式会社坪田設計へおまかせ下さい。

活 動

建築設計の意匠・構造・設備、建築工事監理、耐震診断・耐震補強設計業務を行っています。耐震診断・耐震補強設計業務に関しましては、庁舎・警察署・消防署・病院・医療施設・市民スポーツセンター・学校校舎・屋内体育館・共同住宅・公民館等役所(国・県・各市町)関係を約400棟行い、住宅(木造・鉄筋造・鉄骨造)・事務所・倉庫・工場等民間の建物の耐震診断は約100棟行っています。当建築設計事務所代表取締役・坪田收は、国・兵庫県・県下の市町が行った『我が家の耐震診断特別推進事業』の35,000件の案件を、社団法人兵庫県建築士事務所協会で査証委員長として、指導・監督・査証し、様々研鑽しました。


登 録

代表取締役・坪田收は、(社)日本建築士会連合会認定の設計構造法令専攻建築士3部門に登録しています。

 (1)設計部門(戸建住宅、集合住宅、福祉施設)
  住宅・商業ビル・マンション・工場・学校(校舎・体育館)・集会施設・公民館
  保育園・看護学校・配送センター・ショールーム等

 (2)構造部門(構造設計、耐震設計、耐震診断、耐震補強)
  新築(ビル・工場・配送センター・銀行・マンション・保育園・看護学校等),
  耐震診断・補強(校舎・体育館・警察署・病院等・工場・住宅・マンション等)

 (3)法令部門(紛争調停、鑑定書作成、性能評価)
  建築紛争の調停・鑑定し、欠陥建築・欠陥住宅を正します。


代表取締役 坪田收の略歴

1. 意匠設計・構造設計、実務を通じて種々経験し、1級建築士・構造設計1級建築士・建築構造士で計画(意匠)・構造・法令の3部門の専門建築士として、意匠・安全・機能の最適化を求めて現在に至る。
2. 建築学会司法支援建築会議会員となり建築トラブル・建築裁判を勉強し、最高裁判所辞令で建築専門調停委員を受任し建築事件を担当する。
3. 地方裁判所の鑑定業務、高等裁判所の構造鑑定業務を行う。
4. 兵庫県耐震診断改修計画評価委員を受任し、多くの案件(学校校舎・体育館・庁舎・消防署・公民館・工場施設・事務所・ビル・マンション・商業施設等)を評価・判定し、その他数千件の案件の耐震診断改修案件を諮問・検分し、評価に関わる。
5. 平成12年、兵庫県より兵庫県建築士事務所協会が『我が家の耐震診断特別推進事業』を受任し、国・県・市の予算で県内の35,000件(住宅・共同住宅)の簡易耐震診断を行う事業の査証委員長として診断員の1級建築士の指導及び35,000件の診断査証を行う。
6. 平成17年の耐震偽装事件で、悪意の設計と悪意の手抜き工事が発覚し、不正を正す時と捉えて、NPO法人『欠陥建築を正す会関西』を設立して理事長に就任し、10年間で全国よりの建築トラブル数千件の解決にあたる。
7. 『法規の順守と正しい施工』が建築事故・トラブルの削減の絶対条件と考え、今までの経験を生かし、『欠陥建築を正す会関西』(=建築トラブル何でも相談所)を開設し、建築瑕疵・欠陥・不具合の解決と将来の建築トラブル(事件・事故)の予防に取り組む。
8. 『生残りハウス』【登録商標第5804068号】の業務は、震度7で倒れる建物から震度7が何回来ても『壊れない建物』への構造強化と、地震災害を安全に生残り、防火耐火で火災を防ぎ、犯罪から生命・財産を守り、生活する場所(建物)を確保し、数か月の停電・断水・ガス供給不通期間を生活できるよう、発電・蓄電し、水を取水・浄化で確保し、食糧備蓄で生き残る機能を備えた建物等の設計・監理、総合プロデュースを行う。


Copyright ©  株式会社坪田設計 All Rights Reserved