兵庫県・姫路の住宅設計,店舗設計,ビル設計,マンション設計,工場設計,耐震設計,リフォームなど建築設計・監理は構造設計一級建築士のいる(株)坪田設計・坪田收へ。

株式会社 坪田設計 アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOP PAGE > 生残りハウス

特別防災建築
『生残りハウス』(商標登録 第5804068号)
災害から生き残り 災害後の生活を確保する

1.『生残りハウス』が目指す建物

(1) 通常は『豊かな暮らし』ができる建物で、
(2) 災害時の『構造の安全』を高め、震度7が何回来ても安全に耐える建物で、
(3) 『火災時の安全』を高め、防火・耐火性能を高め、「もらい火」(類焼)を防ぐ建物で、
(4) 『防犯・安全対策』を高め、常時及び災害時の犯罪から生命・財産を守る建物で、
(5) 数か月間位の停電・断水・ガス供給停止期間を太陽光+燃料電池(エネファーム発電)等で発電・蓄電し生活できる建物で、
(6) 雨水・地下水を取水・浄化で飲料水・生活水を確保し、簡易トイレを備えた建物で、
(7) 食料備蓄で生き残る為の食料備蓄の機能を備えた建物です。


2.『生残りハウス』の推進業務

(1) 10年以上前より『生残りハウス』を実践しております。
(2) 食品メーカの工場施設では平成20年に取水・浄化を開始。
(3) 当社設計・監理の機械製造会社のゲストハウスは、構造強化、発電システム、取水・浄化システム、食料備蓄をした施設で平成18年に竣工しました。この建物を、災害後6カ月前後の停電・断水・ガス供給停止の期間を生き残る為の『生残りハウス』 を設計中です。
  @ 太陽光発電の強化+蓄電システムの強化、エネファームの常時発電+蓄電システム、ディーゼル発電機等を装備し、6カ月超の停電に対応する設備を備える。
  A 『火災時の安全』を高め、防火・耐火性能を高め「もらい火」(類焼)を防ぐ建物で、感知警報装置等性能を高め、屋内消火栓・スプリンクラー 等の消防設備を備え避難経路を確保した建物に、
  B 『防犯・安全対策』の防犯セキュリティーは、災害非常時にも電力を賄いセキュリティー機器を作動させ防犯性能を高め、
  C 『防犯・安全対策』の防犯セキュリティーは、災害非常時にも電力を賄いセキュリティー機器を作動させ防犯性能を高め、
  D 食料を備蓄できる施設を、
  E 仮設トイレ機能を備えた建物・設備の綜合設計中です。


Copyright ©  株式会社坪田設計 All Rights Reserved