兵庫県・姫路の住宅設計,店舗設計,ビル設計,マンション設計,工場設計,耐震設計,リフォームなど建築設計・監理は構造設計一級建築士のいる(株)坪田設計・坪田收へ。

株式会社 坪田設計 アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOP PAGE > 業務の進め方 > 家・住宅の建築工事


建築工事の進め方


1、地鎮祭 土木工事や建築などで、工事を始める前に行う、その土地の神を鎮め土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式。これには神式と仏式がある。一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもあります。
2、基礎工事 建築物を支え、地盤に定着させる部分を基礎といいます。軸組み下部に設け、外周基礎はコンクリートの布基礎とし、主要な間仕切の下や浴室などの水を使う部分の周囲にも用います。不同沈下が生じないようにし、地震力、風圧力などの水平荷重に対しても安全な構造にします。建物の下部を全部基礎にするベタ基礎もあり、これは、特に地盤の悪い場合に用いられる。最近住宅に一般的な方法になってきました。
3、木材検査 家の骨組みに使用する木材をプレカットマシン又は大工さんが加工するところを検査します。又、見学も可能です。
4、上棟式 上棟は棟上げとも言います。木造住宅では、建物の最上部の部材を取り付ける儀式的な意味と、これで骨組みが組みあがりこれから建築をやってくれる大工さんや職方さんとのコミュニケーションを図るという意味でも大切な役割を果たしています。
5、屋根工事 骨組みが組みあがり上棟すると、速やかに屋根を葺き、木材が雨に濡れないようにします。
6、外装工事 建物の外壁工事をします。モルタル塗り・サイディング等サンプルを見て、色・形状等を決定します。
7、内装工事 建物内部の天井・壁・床の仕上げ工事をします。クロス・タイルのサンプルを見て、色・形状等を決定します
8、完成 設計図通り工事は施工されているか?不具合はないか?違法はないか?等、最終完了検査を行います。


Copyright ©  株式会社坪田設計 All Rights Reserved